« 日本には支那の属國になるか支那を押さえこむかの二つの道しかない | トップページ | 中華帝国主義は全人類共同の敵である。 »

2010年10月24日 (日)

千駄木庵日乗十月二十三日

午前は、母のお世話。

午後は、『政治文化情報』発送作業・発送完了。購読者の皆様には、月曜日にはお届けできると思います。

午後六時半より、新橋の港区生涯学習センター「ばるーん」にて、「第六回 日本の心を学ぶ会」開催。渡邊昇代表が司会。瀬戸弘幸氏及び小生が、「『共産支那』と如何に対峙するか」と題して講演。質疑応答。

帰宅後は、資料の整理。

|

« 日本には支那の属國になるか支那を押さえこむかの二つの道しかない | トップページ | 中華帝国主義は全人類共同の敵である。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49827323

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月二十三日:

« 日本には支那の属國になるか支那を押さえこむかの二つの道しかない | トップページ | 中華帝国主義は全人類共同の敵である。 »