« 千駄木庵日乗十月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十八日 »

2010年10月18日 (月)

反日デモについて考える

支那でまたまた「反日デモ」なるものが起こった。わが国内において、共産支那に対する反発が強まり、集会やデモが行われていることに対する牽制である。一党独裁の國であり、民衆の政治活動・デモが厳しく規制され、インターネットすら政府の管理下・統制下にある国で、あのようなデモが、民衆の意志で行われるはずがない。明らかに共産党及び政府の意向のもとに行われているのである。

一般民衆や学生は、そうした政府の意図のもとにデモに参加しているのであるが、あわよくば政府批判・共産党批判に矛先を転ずる可能性はある。というよりも、反日を叫びつつ政府批判をしていると言っても良い。

小生の友人が上海に行っていた時、ちょうど猛烈な反日デモに遭遇した。その友人は、タクシーの窓を開けて、デモ隊に向かって、自分を指さしながら、「我是日本人、東洋鬼、東洋鬼」(ウオシーリーベンレン、トンヤンクイ。トンヤンクイ)と叫んだそうである。するとそのデモに参加していた若者たちはどう対応していいか分からず、どぎまぎしていたという。誰一人反発して来る者はいなかったという。

こうしたことは、デモに参加している若者たちは心の底から日本を憎んでいるというよりも、政府批判の出来ない規制された社会で、反日さえ叫べば「デモ」や「集会」が許されるので、「反日デモ」をやるという側面もあるのではないか。

もちろん、長年にわたる「反日洗脳教育」が支那人たちに反日感情を植え付けていることは確かである。今後、在留日本人や観光客などに危害が加えられるような状況になる危険はある。そうなった時にわが国そしてわが国民はどう対応すべきなのか。国民と政府は今から、きちんとした戦略を立てておかねばならない。在日支那人への反撃が起こることも十分に考えられる。

共産支那政府は、多数のスパイ・工作員を日本に送り込み、日本の状況を逐一祖国に報告させているに違いない。靖国神社に明らかに支那人と思われる人たちが来ている。遊就館や靖国会館前あたりにまで入り込んで、ベンチなどに腰掛けて話している。こういう工作員が、共産支那糾弾の集会などにも潜り込んでいるに違いない。そしてそういう工作員が「今後共産支那糾弾運動がますます活発化する」と祖国に報告した結果が、今回の反日デモ活発化であると考える。

|

« 千駄木庵日乗十月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49773637

この記事へのトラックバック一覧です: 反日デモについて考える:

« 千駄木庵日乗十月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十八日 »