« 千駄木庵日乗九月三十日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月一日 »

2010年10月 1日 (金)

共産支那は北朝鮮と同じ人さらい国家だ

ご参考までに、小生執筆のある会合の案内の文章の草稿を掲載します。

「日本固有の領土尖閣諸島での共産支那の傍若無人な無法行為とその後の圧力外交は許し難いものがあります。日本だけではなく、共産支那は東アジアをはじめ、多くの国にその容赦ない侵略の牙を向けています。

わが国の海上保安庁がわが国海域に対する領海侵犯・海保巡視船に対する不法行為を行った支那人を逮捕し拘留したことへの報復として、共産支那は、無実の日本人を四人も拘束しました。これも断じて許し難い厚顔無恥な無法行為であります。

わが國民主党政権の軟弱な対応おびえた姿勢は、まさに、悔いを千載にのこす国辱外交であります。

共産支那は、『中華帝国主義』と『共産帝国主義』を併せ持つアジア最大の侵略国家・覇権国家・軍国主義国家・独裁国家であります。

共産支那に如何に対処し対峙するかが、わが日本の独立・安全を維持するために最大の課題であります。そのためには、『共産支那』『中華帝国主義』の本質について、われわれ日本国民が正しく認識する必要があります。」

          ○

わが国による正当なる支那人拘留に対する報復として、四人の日本国民を拉致した共産支那は、北朝鮮と何ら変わりのない人さらい国家・国際テロ国家である。自国の理不尽な主張や要求をわが国に認めさせるために押し通すために、わが国民を拘束した行為は、まさに人質外交であり、人さらい外交である。メディアが、三人の日本国民が「釈放された」ではなく「解放された」と報道しているのは、そのことを無意識に感じているからであろうか。

|

« 千駄木庵日乗九月三十日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49610522

この記事へのトラックバック一覧です: 共産支那は北朝鮮と同じ人さらい国家だ:

« 千駄木庵日乗九月三十日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月一日 »