« 荒木和博氏の講演で印象に残ったこと | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十五日 »

2010年9月25日 (土)

中華帝国主義の暴虐に屈した民主党管政権

 荒木和博氏が今日の講演で「日本が強くなることが韓国を親日国家にする。」と言われたのがとても印象に残った。日本は自信を持たねばならない。強くならねばならない。そういう意味でも今回の支那人船長釈放は大変な過ちである。政府は、「那覇地検の判断」というロジックに逃げ込むつもりであろう。検察批判が巻き起こっているこの時期に、このような重大な決定を那覇地検だけでできるものではない。政府・官邸の意向が働いたことは明らかだ。

これにより、共産支那は益々増長し、日本を馬鹿にし、属国扱いをするであろう。そして、わが国の独立・国民の安全は脅かされ、さらには、日本の領土・領海・領空・資源は支那に奪われるであろう。

共産党の志位和夫委員長ですら、「国民に納得のいく説明を強く求める。領有権について歴史的にも国際法的にも明確な根拠があることを明らかにする積極的な活動が必要だ」と述べたのに、公明党の山口那津男代表は「日中の外交関係をこれ以上こじらせ、経済や社会にいろいろな影響を及ぼすことは誰しも本来望んでいない」と地検の決定を評価した。社民党の福島瑞穂党首も記者団に「地検の処分を尊重するしかない」と述べた。社民・公明両党は、支那の手先であることを自ら証明した。

新しい民主党政権に対して外交面でやや期待した面もあったが、その期待は見事に打ち砕かれた。民主党政権は、中華帝国主義の暴虐に屈したのである。支那の属国になる危険すらある。菅政権は「売国政権」として歴史に長くその名をとどめるであろう。そして今日という日が、後世『国恥記念日』となる可能性すらある。

|

« 荒木和博氏の講演で印象に残ったこと | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49553316

この記事へのトラックバック一覧です: 中華帝国主義の暴虐に屈した民主党管政権:

« 荒木和博氏の講演で印象に残ったこと | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十五日 »