« 今日の出版記念会で聞いた話について | トップページ | 日本は共産支那にいかに対峙すべきか »

2010年9月 5日 (日)

千駄木庵日乗九月四日

午前は、母のお世話。母が比較的元気なのが何よりの救いである。

午後二時より、内幸町の日本記者クラブにて、『アジア問題懇話会』開催。中嶋嶺雄国際教養大学学長が「最近の中国情勢を分析する」と題して講演。質疑応答。

午後五時より、『松本實命を偲ぶ会』開催。杉山清一氏が司会。森洋氏が主催者あいさつ。近藤勢一・犬塚博英両氏及び小生などが思い出を語った。この後、清宴。松本實氏は、「明日を考える青空議会」「新しい日本を創る青年集会」などの街頭宣伝活動を共に行った同志である。小生と同年齢であり、とても親しくさせていただいた。何時も笑顔を絶やさず。いわゆる『癒し系』の人物であった。しかし、一旦敵との戦いなどの場面になると凄まじい迫力で立ち向かって行った。七年前に幽明境を異にされた。晩年の約三年間ほど、小生が講師をつとめる「萬葉古代史研究会」にも参加して下さった。心よりご冥福を祈らせていただきます。今日は、久しぶりに会う同志が多かった。

帰宅後は、諸雑務。

|

« 今日の出版記念会で聞いた話について | トップページ | 日本は共産支那にいかに対峙すべきか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49351622

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月四日:

« 今日の出版記念会で聞いた話について | トップページ | 日本は共産支那にいかに対峙すべきか »