« 千駄木庵日乗八月三十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月一日 »

2010年9月 1日 (水)

小沢一郎と創価学会公明党が再び手を組む危険性

先日も少しふれたが、石井一氏が小沢一郎ではなく、菅直人を支持したということに注目している。石井一氏は、自民党時代から、小沢と行動を共にしてきた同志である。そういう人物が、反小沢になるということは、小沢という人にいかに人徳がないか、同志を大切にしないかを証ししていると思う。渡部恒三・藤井裕久両氏も自民党時代からの同志だが、小沢から疎んじられ、今は小沢から離れている。

石井一氏は、小沢一郎が創価学会・公明党と袂を分かった後、創価学会攻撃の急先鋒となった。これは、小沢の意向によるものと推測される。その石井氏が反小沢になったということは、小沢一郎が再び創価学会公明党と手を組む可能性があることを示している。

創価学会・公明党は、税金問題・政教一致問題などで、国会において追及されるのが何より怖いのだ。だから、何としても、国会内の多数派すなわち与党勢力に加わっていたいのである。これを見透かした小沢一郎が、学会・公明党に脅しをかけ、自分と手を組ませようとしていると考えられる。石井氏にしてみれば、梯子を外された格好なのだ。

一方、菅直人はかつて記者會見で、「人間の体内に他の生物が入り込み、その人間をコントロールする映画がある。自民党という政党の内側に公明党が入り込んで、自民党をコントロールする状況になりつつある」と言って、創価学会公明党を「エイリアン」に喩えて批判したことがある。創価学会・公明党は執念深いから、まだ菅直人を許してはいないだろう。

創価学会公明党を最初に細川政権に引き入れ、与党にしたのは、小沢一郎である。その後、自民党政権が復活すると、学会公明党は、小沢と離れ、自民党と手を組んだ。政権与党の味をしめた学会公明党は、与党になりたくて仕方がないのである。

今後、起こるであろう政界再編成で、小沢と学会公明党の思惑が一致して再び手を組む危険性は十分にある。

|

« 千駄木庵日乗八月三十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49310504

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎と創価学会公明党が再び手を組む危険性:

« 千駄木庵日乗八月三十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月一日 »