« 千駄木庵日乗九月二十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十六日 »

2010年9月26日 (日)

中華帝国主義及び国内の支那支那勢力との戦いを開始せよ

今回、共産支那の本質が如何なるものかが明らかになった。日本国民が一致結束して、中華帝国主義と戦いを開始する出発点にしなければならない。さらに、社民党・創価学会公明党などの国内の親支那勢力を徹底的に糾弾しなければならない。

城内実衆院議員は『ブログ』で、「仙谷官房長官は24日午後の記者会見で『法務省からそういう判断に到達したと報告を受けた。その判断を了とする。』と述べたとのこと。まさに、言語道断である。日頃から『政治主導』、『政治主導』と声高に叫んでいるくせに、日本の将来を左右するような極めて重要な外交・国防案件に対して、まるで『那覇地検が独自に判断した措置で首相官邸は関係ありませんが、まあ適当な措置ではないんじゃないですか。』とひとごとのように言っているようで本当にあきれてものが言えない」と訴えていた。

全く同感である。自分たちの『政治主導』では何もできないから、検察に『問題解決』を押し付けたのだ。政治家とりわけ総理大臣・官房長官は、政治的決断を正しく行うことが最大の使命であり責任である。それを回避した菅直人・仙石由人は辞任するのが筋である。


城内氏はさらに言う。「まさか、民主党政権首脳は、中国船長を釈放したら『日本のみなさんありがとうございました。私たちも今後このようなことがおこらないように注意します。』とか、『日本の寛大な措置に感謝します。これからはお互いに仲良くしましょう。』なんて言ってくるとでも思っていたのだろうか。過去の中国側の対応を見ても分かるだろう、中国のような国は、相手がひるんだり、弱気に出ると徹底的に攻撃し、逆に米国やロシアのように力がある相手にはおとなしいのである。案の定、中国政府当局は盗人たけだけしく、日本側に謝罪と賠償を要求してきた。これは当然予測できたことだ。」

これも全く同感である。チベットとかベトナムとか台湾のような共産支那よりも小さい国・弱い国に対しては、居丈高に対応し、武力を行使し、侵略してきたのが共産支那だ。毛沢東は革命戦争の戦略について「敵が後退すればわが方は前進し、敵が前進すればわが方は後退し、敵が駐屯すればわが方は攪乱する」と言った。これが共産支那の体質なのである。

菅と仙石は、支那人を支那に帰国させれば、対応がやわらぐと思ったのだろうが、事態は全く逆の方向に進んでいる。あろうことか、わが国に対して「謝罪と賠償」を要求して来た。そして、フジタの社員たちは人質に取られたままだ。こんな国に対しては、強硬に対峙する以外に道は無いのである。日本が譲歩すれば支那も譲歩するなどというとはない。

そもそも共産支那の権力者・指導者は日本をどう思っているのか。共産支那の国務院総理だった李鵬は1995頃、日本について、オーストラリア首相であったポール・キーティングに、「日本という国は四十年後にはなくなってしまうかもわからぬと」と言ったのだ。「日本をぶっ潰す」というのが彼らの本音なのだ。かつて来日した共産支那の代表団は「日中両国人民の友好は富士山の如く雄大にして揚子江の如く絶えることがない」などと言っていたが、日本の経済技術援助引き出したいがための美辞麗句・心にもない大嘘だったのである。

私は、「日中国交回復」を性急に行った田中角栄の罪は深いと今でも思っている。その娘の真紀子は今回の問題でまだ何にも言わない。近日中に支那に迎合する発言を行うであろう。小沢一郎も何も言わない。池田大作も何も言わない。一体どうしたわけか。鳩山由紀夫は、「温家宝とホットラインのあった私だったらもっとうまくやった」などと言ったようだが、前総理であるにもかかわらず、国家的重大事に他人事のような発言をするのは許されない。そのホットラインとやらを使って事態打開に早い段階から取り組むべきであったのではないか。

|

« 千駄木庵日乗九月二十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49562803

この記事へのトラックバック一覧です: 中華帝国主義及び国内の支那支那勢力との戦いを開始せよ:

« 千駄木庵日乗九月二十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十六日 »