« 千駄木庵日乗九月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十二日 »

2010年9月22日 (水)

検察・警察への第三者による監察制度を確立せよ

厚生労働省の村木厚子元局長に無罪が言い渡された郵便不正事件で、証拠品として押収したフロッピーディスク(FD)のデータを改ざんした疑いが強まったとして、最高検は二十一日夜、大阪地検特捜部の主任検事、前田恒彦容疑者(四十三)を証拠隠滅の疑いで逮捕した。

証拠品のデータ書き換えた容疑で現職特捜検事の逮捕というのは極めて異例どころか前代未聞の不祥事である。検察全体への国民の信頼を根底から揺るがす事件である。検察官や警察官が、正義感に燃えてあるいは職務熱心さのあまりに無理な取調べや捜査を行ったというのでも許されないのに、己の功名心・実績を上げたいために、違法な捜査・証拠の改ざんを行うなどというのは、司法に対する信頼を根底から失う結果となる。

今回のことは氷山の一角だという疑いを持つことすらできる。鈴木宗男氏の実刑確定・収監、小沢一郎氏の検察審査会の議決、防衛事務次官守屋武昌氏の実刑確定収監など、司法・検察をめぐる重要事象が続いている時に、こういう事件が発覚したのは大変の事態である。鈴木氏や守屋氏の取り調べや捜査にも違法があったのではないかという不信感が生まれる可能性すらある。

最高検が敏速に捜査を開始したのは当然だ。ただし、身内だけの捜査で良いのであろうか。志布志事件や今回の事件を見ると、検察や警察に対する第三者機関による監視制度・監察制度が確立されるべきである。

|

« 千駄木庵日乗九月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十二日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49524127

この記事へのトラックバック一覧です: 検察・警察への第三者による監察制度を確立せよ:

« 千駄木庵日乗九月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十二日 »