« 千駄木庵日乗九月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十日 »

2010年9月20日 (月)

鳩山・小沢・田中真紀子は自分の言葉に責任を持て

尖閣諸島沖の日本領海内での支那漁船が故意にというよりも攻撃的に海上保安庁の艦艇に衝突した事件で、支那人船長の拘置延長を決めたことに対して、共産支那外務省の馬朝旭報道局長は19日、日本側に船長の即時無条件釈放を要求した上で、「日本側が独断専行で過ちの上に過ちを重ねるなら、中国側は強烈な報復措置を講じた、その結果はすべて日本側が負うことになる」と警告した。また、「責任は完全に日本側にある」と強く非難し、「日本側の行為は、すでに中日交流に深刻な損害をもたらした」と強調した。

軍事大国・中華帝国主義国家の本領を発揮したまさに恫喝であり脅迫である。「強烈な報復措置」とは言いも言ったりである。わが国政府は、断じて屈してはならない。共産支那の本質はこういう国なのである。このような攻撃的な軍事膨張政策をとっている共産支那と「東アジア共同体」を形成するなどということは全く不可能である。

「東シナ海を友愛の海にする」などと言った鳩山前首相は、自分の言葉に責任を持つのなら、今こそ、支那を訪問して共産支那政府首脳と会談し、事態を解決し、「友愛の海」とやらを作り出すべきだ。

小沢一郎は、「中国に対しては言うべきことはきちんと言う」と言っていた。であるならば、小沢は一刻も早く支那を訪問し、支那政府首脳に言うべきことを言って、問題を解決すべきである。

田中真紀子は、「外交は人である」とか言って、父親の代から格別に深い関係にある自分こそ「中国との友好関係」とやらを深めることが出来ると言っていた。田中真紀子も今すぐ「訪中」して事態の打開に努力すべきである。

ところがこの三人はこのような非常事態になっているにもかかわらず、何の行動も起こさない。それどころかウンともスンとも言わない。まことにおかしことである。鳩山・小沢・田中真紀子よ。自分の言葉に責任を持て!。

ともかく、民主党政権とりわけ菅総理と前原外相は、支那の悪質な恫喝に屈することなく、支那の暴虐・不当行為に対して厳正に対処してもらいたい。

|

« 千駄木庵日乗九月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49500377

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山・小沢・田中真紀子は自分の言葉に責任を持て:

« 千駄木庵日乗九月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十日 »