« 千駄木庵日乗九月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十一日 »

2010年9月11日 (土)

村木厚子厚生労働省元局長への無罪判決に思う

郵便不正に絡む偽の障害者団体証明書発行事件で、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長・村木厚子被告の判決が十日、大阪地裁であり、無罪(求刑・懲役一年六月)を言い渡された。裁判長は、取調べを受けた人々の捜査段階の供述について信用性を否定した。

これは重大な判決である。小生が、よく参加する「日本の司法を考える会」でも、「検察は自分たちが作った筋書き通りの自供を被疑者や参考人などから、無理やり引き出して。起訴に持ち込む」ということがよく言われている。

今回もまさに検察のそういう手法が、「取り調べに誘導があった」ということで、主要な供述調書の証拠請求を却下された原因である。

私は、早くから村木さんは無罪だと思っていた。この無罪判決が確定すれば、その影響は実に大きい。検察・警察の無理な捜査手法に対する批判・糾弾の声が巻き起こるであろう。鹿児島の志布志事件を思い起こさせる。そして、鈴木宗男氏の事件など被告人が無罪・無実を主張している多くの事件に対して、検察に誤りがあるのではないか、という批判が起こると思われる。

検察や警察が今でも、拷問に近い捜査や取り調べを行っているのは許されない。取調官は、正義感に燃えてやっているのか、あるいは成績をあげたいためにやっているのか知らないが、そういうことは司法に対する信頼を根底から失う結果となる。

「自分が正しいと思って実行する悪しき行為ほどひどいことをするし罪が深い」と言われる。極左過激派も、イスラム過激派も、自分の行為は正義だと思って、テロを実行するのだ。検察官・警察官も自分のやっていることは正義だと思って、無理な捜査・取調べを行うのだ。その結果冤罪を生むのだ。こうしたことは何としても是正されなければならない。

|

« 千駄木庵日乗九月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49411467

この記事へのトラックバック一覧です: 村木厚子厚生労働省元局長への無罪判決に思う:

« 千駄木庵日乗九月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十一日 »