« 千駄木庵日乗九月九日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十日 »

2010年9月10日 (金)

醜い権力闘争で、国家の安全が危殆に瀕している

東シナ海の尖閣諸島周辺の日本領海内で共産支那の漁船が海上保安庁の巡視船に故意に衝突した問題で、共産支那外務省の姜瑜・副報道局長は九日の定例記者会見で、「中国はすでに漁業監視船を関係海域に派遣している」と明らかにした。「中国漁民の生命と財産の安全確保が目的」だという。

「漁業監視船」は、農業省所属のパトロール艦であるが、海軍退役艦を改装したものもあり、事実上武装した戦艦であろう。南シナ海ではすでに、操業中の自国漁船保護の任務に就いており、「中国領海内」だとして外国漁船に退去を促す巡視活動を行っている。

 

尖閣諸島の領有権を主張する共産支那の漁業監視船が、尖閣周辺でパトロールを行えば、わが国の摩擦を引き起こす可能性もある。海上保安庁や自衛隊の艦船と衝突する危険すらある。

 今回の「衝突事件」は、わが國が民主党代表選挙で政治的空白が生まれていることに乗じて、共産支那がわが国に軍事的攻勢を仕掛けて来たのではないとか思われる。いかにも狡猾な支那らしいやり方である。

 菅と小沢の権力闘争は、熾烈を極めている。どちらが勝っても、政局が安定するはずがない。国内外の情勢が緊迫し混迷している時期に、与党内部で権力闘争をしていることは、大きく国益を損ねているのだ。いや、国益を損ねるどころではない。国家国民の存立にかかわる安全保障・国家防衛を危殆に瀕させる危険がある。

|

« 千駄木庵日乗九月九日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49403132

この記事へのトラックバック一覧です: 醜い権力闘争で、国家の安全が危殆に瀕している:

« 千駄木庵日乗九月九日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十日 »