« 憲法懇話会で勉強したこと | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十九日 »

2010年8月29日 (日)

民主党代表選について

藤井裕久・渡部恒三両氏は、自民党脱党以来の小沢一郎の側近であった。しかし今や、反小沢である。そして最近小沢側近といわれる人たちは、みんな顔もよく知らないチンピラばかりだ。小沢という人物はいくら自分に尽くしてくれた人でも、何か気に入らないことがあったり、言うことを聞かないことがあると冷たく切り捨てる。

石井一氏も今回菅直人支持になった。この人も自民党時代からの小沢側近だ。しかも、創価学会と小沢が喧嘩別れした後、創価学会追及の急先鋒となった。この人が、小沢から離れたということは、小沢一郎が創価学会と再び手を組む可能性があるということだ。まことに危険な兆候である。

昨日、失礼をも顧みず、小沢支持の女性議員には美人がいないと書いたが、菅支持の女性議員には美人がいるのかと考えてみたが、蓮舫さんや小宮山洋子さんは美人であるとして良いのではなかろうか。

それにしても、民主党代表選は、憎悪をこめた争いになりつつある。どちらが勝っても、党内に相当の亀裂が走る。分裂に危機すら起こる。いや、分裂してもらいたい。国賊と非国民のどちら総理になっても、日本のためにはならないからである。

|

« 憲法懇話会で勉強したこと | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49280483

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党代表選について:

« 憲法懇話会で勉強したこと | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十九日 »