« 千駄木庵日乗八月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月五日 »

2010年8月 5日 (木)

韓国併合について

民主党・菅政権が、「韓国併合100年」にあたって、韓国国民に「過去の植民地支配へのお詫びの意」を示す菅総理の「談話」を出すことを前向きに検討しているのは、民団の票と金が欲しいからであるということを聞いた。「さもありなん」という思いと、「そういうことだったのか」という思いが交錯した。

つまり、菅直人や仙谷由人は、まことに低次元な発想で、売国的談話を出そうとしているのである。彼らの歴史観に基づく発想よりももっと悪質である。こんなことで、わが日本の歴史が冒瀆されていいはずがない。何としてもこの談話は阻止しなければならない。

日本による韓国併合は、当時の日本にとって万止むを得ざる選択であったと共に、当時の韓国政府との正式な交渉のもとに行われたことである。

当時の韓国・朝鮮は独立国家の体をなしていなかったのである。長い間支那の属国であり続け、日清戦争で支那が日本に敗れると今度はロシアの属国になった。これを「事大主義」という。「事大主義」とは「小を以て大に事〈つか〉える」ということで、何時でも強い者を背景にしなければ生きていけないということだ。これは李氏朝鮮の建国以来の国策であり体質なのである。

ということは、当時の朝鮮韓国は、支那かロシアの支配下に置かれ、その手先になる危険があったのだ。これは、元寇の歴史を見ても明らかな通り、わが日本の独立と安全を脅かす。日本は韓国を併合せざるを得なかったのである。

しかも、併合後朝鮮・韓国は、近代化を遂げ、あらゆる面で併合以前よりも発展し、国民は豊かになり、近代化を遂げた。わが國は、韓国・朝鮮を一方的に侵略し支配したのではない。従って韓国に対してわが国政府が謝罪する必要は全くない。選挙対策のために、祖国の歴史を蹂躙し辱めるような談話を出すことは絶対に許されない。

|

« 千駄木庵日乗八月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49063822

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国併合について:

« 千駄木庵日乗八月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月五日 »