« 菅直人君は『国民主権論』を捨てよ | トップページ | 参院選でどこに入れるか »

2010年7月 6日 (火)

千駄木庵日乗七月五日

午前は、母のお世話。介護の方と共なり。

午後は、『伝統と革新』編集の仕事。

この後、病院に赴き父に付き添う。

帰宅後は、『政治文化情報』の原稿執筆など。

東京地方は、八王子や北区などで局地的な豪雨に見舞われたようだが、幸いなことに私は豪雨に遭遇しなかった。

「われの手を握りて離さぬ父上の心を思へば涙こぼるる 

とことはの命を願ふは無理なれど父の手を取り生きませと祈る」

|

« 菅直人君は『国民主権論』を捨てよ | トップページ | 参院選でどこに入れるか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48808314

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月五日:

« 菅直人君は『国民主権論』を捨てよ | トップページ | 参院選でどこに入れるか »