« 千駄木庵日乗七月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月七日 »

2010年7月 7日 (水)

相撲界と賭け事

今日懇談した友人二人は、日本相撲協会の処分は妥当という意見だった。私は、琴光喜の処分はきつすぎると思う。貴乃花が言うように十両最下位から出直させるくらいが良かったのではないか。しかしそういう処分にしても、本人は相撲取りをやめたかもしれない。

蒙古や東ヨーロッパから来たお相撲さんに『野球賭博』に関わって処分された人がいなかったはどういうわけかと言ったら、一人の友人は国に仕送りするので余裕が無いのだろうと言っていた。

博打というか賭け事は、好きな人にはたまらない魅力があるようである。はまったら抜け出すのが大変だという。関東管区警察局長と新潟県警本部長が、重要事件が発生していたのに、視察先でマージャンをしていたのが問題になったことがあった。検事・裁判官同士でもやるらしい。警視庁記者クラブの中でも記者同士がやっているという話を聞いたことがある。

私の知っている元警察官の人が、ある警察署で保安課長をしていた時、記者室で記者たちがマージャンをしているのを見つけて怒鳴りつけたという。この方は何時も着物を着て保守派の集会に来ておられたが、最近お見かけしない。ある政党に抗議に行った時、私と一緒に相手方を猛烈に怒鳴りつけていた。なかなか面白い人物であった。

お相撲さんや親方たちに一切賭け事をするなというのは無理な注文だ。そもそも格闘技は、勝負事である。勝負師としての感覚を養うのに、賭け事をするのは必要なのだという意見をある武道家の方から聞いたことは前に記した。程度の問題であろう。国技とは言っても相撲界は法曹界や治安機関と同じく聖人君子の集まりではない。

|

« 千駄木庵日乗七月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48815653

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲界と賭け事:

» 公営ギャンブルやパチンコがある [オンラインカジノを攻略しよう!]
大相撲の世界は変!力士さんたちはギャンブル好き?お金があって、ヒマを持て余してるってことでしょうか?野球賭博の件。花札程度は親方も見ても見ぬ振り、とか。 [続きを読む]

受信: 2010年7月 8日 (木) 09時41分

« 千駄木庵日乗七月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月七日 »