« 千駄木庵日乗一月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十一日 »

2010年7月11日 (日)

どこの党に投票したらいいのか

いよいよ明日が投票日。地方区は誰に入れるかは、決めている。比例区がまだ決めかねている。はっきり言ってどうしても投票したいという政党が無いのである。

平沼赳夫氏の主張は共感しているし支持している。だから『たちあがれ日本』に投票したいのだが、与謝野馨・園田博之・藤井孝男という中心メンバー三人が真正保守・維新の立場に立つ人かどうかがわからない。この三人の人々が、「國體護持」「自主憲法制定」「自主防衛体制確立」「教育正常化」「自虐史観の払拭」「共産支那や北朝鮮の脅威」など国家基本問題での発言を聞いたことがない。

また、『たちあがれ日本』は、尖閣諸島に上陸を試みようとした参院選比例代表候補・足高慶宣氏を「法令軽視」という理由で除名処分にした。これはどう考えても納得できない。参院選の候補者が日本国内の何処に行って選挙運動をしようと自由である。わが国の領土である尖閣に行くことが何故「法令軽視」なのか。私には納得できない。

民主党は、「外国人参政権付与」「夫婦別姓」という亡国二法を通そうとしている。これに反対しているのが民主党と連立を組んでいる国民新党である。民主党の暴挙を食い止めるためには国民新党の議席を増やすべきだという同志もいる。成程と思った。しかし、亀井氏が「皇居を広島あるいは京都にに遷すべきだ」と、天皇陛下に言上したことはやはり常軌を逸しているし、許し難い。

明日になったら、よくよく考えて、比例区での投票先を決定したいと思っている。

|

« 千駄木庵日乗一月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48847071

この記事へのトラックバック一覧です: どこの党に投票したらいいのか:

« 千駄木庵日乗一月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十一日 »