« 千駄木庵日乗七月二十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二十六日 »

2010年7月26日 (月)

土屋たかゆき氏は次のように語った

二宮報徳会の講演で土屋たかゆき氏は次のように語った。

「私が民主党議員をしていた時は、性同一性障害のようだった。民主党は『さきがけ』が母体。田中秀征氏は『皇室を尊重する』という姿勢を示した。民主党が出来て、旧社会党が入って来た。民主党の都議会議員十九名の内十二名が旧社会党。主張が全く違う。民主党は、東京都平和祈念館建設の時、東京大空襲は、国際法違反であるとして糾弾しなければいけないのに、東京は軍事都市だったから致し方ないというコンセプトであった。私は市民運動を起こしてひっくり返した。この時、『除名だ』と言われた。『石原都知事の三国人発言は正しい』と言ったら、『除名だ』と言われた。三国人という言葉は占領軍が作った。朝鮮人や中国人の犯罪行為を報道する時、『三国人』と書かなければ検閲が通らなかった。三国人には悪い事をする人が多かったので蔑称になった。これは日本の責任ではない。

中国は人が余っているので、外国に人を出してその国を支配しようとしている。韓国の若者は、『日本は自由だし、徴兵制が無いから良い』と言う。本国では、禁止されているパチンコで、豪華な暮らしができるから良い。

朴正煕大統領は、士官学校に進み、恩賜の時計をいただいた。何処に差別があったのか。夫婦別姓は共産主義思想。家庭が崩壊すれば国家が崩壊する。千葉景子はブンド。極左暴力集団。千葉景子に対して民意がノーと言ったのだから交代させるべし。

菅直人は『憲法には三権分立は書いていない』と言う。彼は独裁政治を狙っている。民主党は革命政党。革命は静かにやって来る。共産主義は二億人殺している。民主党大会は日の丸を掲げない。女子高校生の六割は処女を喪失している。小沢は公明党に必ず手を入れてくる。沖縄自民党は幸福実現等におんぶに抱っこ。

『靖国の英霊に申し訳ない』という気持ちがあるかないかが保守であるかどうかの踏み絵。政治家は國體を護持するという気概を持ちつつ選挙に臨むべし。身元調査ができないから警察の中にも共産党組織が入っている。入っていないのは公安調査庁のみ。

『人権擁護法』の原案を作ったのは自民党。われわれが疲れ切ったらおしまい。駄目な時は潔く散りたいと思っている。天皇のいまさない国に生きている気持ちは無い。亡国法案が通ったら国会に突入したい。今の議員は自分が当選さえすれば良い。

『たちあがれ日本』は与謝野が入って方向性が変わった。明確な真正保守の政党を作ろうとしたが話が変わった。与謝野は排除しなければならない。地方議員中心のまともな政党を作るしかない。交番に日章旗が掲げられているのは、私がやった。休みの日に東京中を回って日章旗が掲げられていない交番を調べた。」などと語った。

           ○

土屋議員は、ますます意気軒高である。民主党におられた方だけあって、民主党の反日体質・サヨク体質を知悉している。小沢が主導権を握ろうと、菅直人が主導権を握ろうとこの体質は全く同じである。民主党政権は一日も早く打倒しなければならない。

創価学会が『池田の国会招致』という小沢の脅迫に屈して、民主党とくっつく危険性はある。池田大作氏の健康状況はどうなのか。最近、『聖教新聞』に全くその動静が伝えられない。

|

« 千駄木庵日乗七月二十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二十六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48977662

この記事へのトラックバック一覧です: 土屋たかゆき氏は次のように語った:

« 千駄木庵日乗七月二十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二十六日 »