« 土屋たかゆき氏は次のように語った | トップページ | 外國人犯罪・ヤクザ・警察 »

2010年7月27日 (火)

千駄木庵日乗七月二十六日

午前は、母のお世話。介護関係のケアマネージャーの方と今後のことを打ち合わせ。

午後は、『大吼』連載原稿執筆。

この後、病院に赴き、父に付き添う。

帰宅後も、原稿執筆・脱稿・送付。

        

           ○

今日は「土用丑の日」。鰻を食べなければいけない日だそうですが、私の今日の夕食は天麩羅でした。お寿司屋さん、蕎麦屋さん。天麩羅屋さんも、こういう日を作ればいいと思うのですが…。いつ頃から『土用丑の日』がこんなに騒がれるようになったのでしょうか。鰻屋さんにとってはありがたいことでしょう。バレンタインデーにチョコレートをプレゼントするというのとよく似ています。こんなことを書くと、ひねくれ者と言われそうですが、「付和雷同」「軽佻浮薄」という四字熟語を想起する日でもあります。

|

« 土屋たかゆき氏は次のように語った | トップページ | 外國人犯罪・ヤクザ・警察 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48985328

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月二十六日:

« 土屋たかゆき氏は次のように語った | トップページ | 外國人犯罪・ヤクザ・警察 »