« 菅直人氏に命懸けで破壊と建設を行う決意があるのか | トップページ | 国体・憲法・民主政治について »

2010年6月20日 (日)

千駄木庵日乗六月十九日

朝、母のお世話。

午前は、『政治文化情報』発送完了。購読者の皆様には、週明けにお届けできると存じます。

この後、病院に赴き父に付き添う。

午後六時より、神田学士会館にて、『憲法懇話会』開催。久保田信之元学習院女子大学教授及び慶野義雄平成国際大學教授が講義。質疑応答。

帰宅後は、諸雑務。

|

« 菅直人氏に命懸けで破壊と建設を行う決意があるのか | トップページ | 国体・憲法・民主政治について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48673260

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗六月十九日:

« 菅直人氏に命懸けで破壊と建設を行う決意があるのか | トップページ | 国体・憲法・民主政治について »