« 菅直人氏が総理になったら本格的な左翼政権になる | トップページ | またまた明らかになった民主党の『皇室軽視』} »

2010年6月 4日 (金)

千駄木庵日乗六月三日

午前は、母のお世話など。

午後は、原稿執筆。

この後、病院に赴き、父に付き添う。入浴の後だったので、疲れて眠っていた。私が来たことに気づくと嬉しそうな表情をする。

同室の患者さんの奥さんとお話しする。ご入院しておられるご主人は、全く意識が無いという。意識がある父のことをうらやましがられる。しかし、意識があるということは、苦痛を感じるということであり、はたして意識があった方がいいのか、ない方がいいのか、どちらが良いか分からない。

帰宅後も、『政治文化情報』の原稿執筆。

|

« 菅直人氏が総理になったら本格的な左翼政権になる | トップページ | またまた明らかになった民主党の『皇室軽視』} »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48537117

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗六月三日:

« 菅直人氏が総理になったら本格的な左翼政権になる | トップページ | またまた明らかになった民主党の『皇室軽視』} »