« 千駄木庵日乗六月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月二十四日 »

2010年6月24日 (木)

民主党反日左翼政権補崩壊させることが第一である

愈々参院選挙であるが、民主党に過半数を取らせてはならない。民主党政権の中枢を担っている人々、即ち菅直人総理、枝野幸男幹事長、横路孝弘衆院議長、江田五月参院議長は、「国旗国歌法」制定に反対した。この事実だけを見ても、基本的に民主党政権が反日左翼政権であることは明白である。

今まで色々書いて来たように、民主党の國體・皇室に関する姿勢・考え方もおかしい。とくに菅直人は、『國體否定』『共和制樹立論者』である。このことは改めに詳しく書きたいと思っている。沖縄基地問題や日米関係そして安保国防などでややまともな姿勢になっているように見えても、やはり民主党に政権を握らせておくことは危険である。小沢一郎も陰に隠れたようになっているが、このまま静かにしてい続けるはずがない。またまた復活して、日本を朝鮮の属国にしようとするであろう。

それにしても、反民主を標榜する政党が乱立しているのはまことに困ったことである。これは民主党を利することになる。第三極などと言われているが、民主党批判票を食い合ってしまう恐れが十分にある。真正保守の票がどれだけあるか分からないが、反民主で一致結束すべきである。ともかく、左翼政権を一日も早く崩壊させることが第一である。

|

« 千駄木庵日乗六月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月二十四日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48706848

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党反日左翼政権補崩壊させることが第一である:

« 千駄木庵日乗六月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月二十四日 »