« 千駄木庵日乗六月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月七日 »

2010年6月 7日 (月)

小沢氏を排除しても民主党はやはりダメであろう

菅直人次期政権の人事を見ていると、小沢一郎排除が進んでいるように見える。小沢氏は、菅氏が代表に選ばれた後、何故、菅氏に会おうとしなかったのであろうか。これまでは仲良さそうにしていたのに、おかしなことである。そのことが「イラ菅」を敵に回したのではないだろうか。

小沢一郎氏がこのまま引っ込んでいるとはとても思えない。百人以上の小沢派がいるのだから、何か仕掛るに違いない。参院選前後に、小沢氏の復讐が始まるのではないか。民主党政権内部の権力闘争などどうでもいいのであるが、なかなか面白いドラマではある。

以前民主党に属していたある政治家が「民主党は難民キャンプ」と言っていた。それが一応結束した形になって自民党に対峙できたのは、小沢氏の力によるところが大きかった。菅氏は「小沢氏はしばらく静かにしてもらいたい」と言って、小沢氏を排除した。現時点では民主党と菅氏の支持率は急上昇したが、これはご祝儀相場であろう。ゴタゴタが起って難民キャンプに戻れば、どうなるか分からない。菅と小沢の対立は相当深刻なものとなるであろう。

鳩山氏は「菅氏は良くキレる」と言っていたが、頭が切れるという良い意味で言ったのかどうか。すぐにカッとなるという意味で言ったのであろうか。私もすぐキレるところがあるからあまり他人のことは批判できないが、菅氏が人格識見ともに信頼の置ける政治家だとはとても思えない。

「歴史と伝統の國日本」の真姿顕現が我々の理想であり、目的である。民主党は、日本の歴史と伝統を破壊するような政治家が多い。皇室・憲法・国防・教育など国家基本問題に対して、菅次期政権がどのような姿勢を示すが厳しく監視しなければならない。

|

« 千駄木庵日乗六月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48563945

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏を排除しても民主党はやはりダメであろう:

« 千駄木庵日乗六月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月七日 »