« 千駄木庵日乗六月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月三日 »

2010年6月 3日 (木)

菅直人氏が総理になったら本格的な左翼政権になる

鳩山氏は、昨日は「国難に立ち向かっていきたい」などと言っていたのに、今日辞任した。やはり「宇宙人」である。言葉が軽すぎるどころの話ではない。こういう人が総理になり、小沢一郎が政権党の幹事長になったことが国難だったのである。

菅直人氏が「待ってました」とばかり後継に名乗りをあげたのには驚いた。せめて一日二日たってからというのが礼儀であり常識ではないのか。そして夜には、江田参院議長の誕生祝いとかで祝杯をあげたという。何か、鳩山辞任を祝っているかのようだ。

菅直人氏は、全共闘世代と言われ、本格的な左翼政権の誕生である。亀井静香氏とは国会やテレビでほとんど罵り合いの大論争をしていたのを見たことが何回かある。菅・亀井の二人は犬猿の仲だと思う。「民国連立」はうまくいくのだろうか。

鳩山氏が辞任を表明した民主党両院議員総会の議員総会長の松本龍氏は、部落解放運動の指導者・松本治一郎氏の孫である。松本治一郎氏及び部落解放同盟は、「貴族あれば賎民あり」を合言葉として「天皇制打倒」を唱えていた。今日においても「天皇制打倒」の看板を下ろしたとは聞いていない。

鳩山・小沢両氏が辞任しても、民主党政権が良くなるということは決してない。むしろ、左翼色を鮮明にするのではないか。国難はまだまだ続くのである。

|

« 千駄木庵日乗六月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48529336

この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人氏が総理になったら本格的な左翼政権になる:

« 千駄木庵日乗六月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月三日 »