« 千駄木庵日乗六月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月十二日 »

2010年6月12日 (土)

国旗国歌法と菅新政権

菅直人新総理の「所信表明演説」というのをテレビで垣間見た。演説ではなく朗読であった。

亀井氏が閣僚を辞任した。亀井氏と菅氏とは犬猿の仲なのだから、これで良かったのではないか。菅新政権閣僚には、元自民党が本当に少なくなった。私ははっきり言って、郵政のことなどどうでもいい。反日的姿勢と政策を何としても粉砕しなければならない。国民新党は、「夫婦別姓」と「外国人参政権」に反対している。政権内部にあって、この二つの法案に反対してもらうためにも、国民新党には連立にとどまってもらいたい。

民主党政権の閣僚などで、「国旗国歌法案」に反対した人物は、菅 直人 横路孝弘 赤松広隆 松本 龍 枝野幸男

小沢鋭仁 海江田万里 前原誠司 原口一博 千葉景子    江田五月 円より子 小川敏夫 輿石 東 小宮山洋子    

簗瀬 進の各氏らである。内閣総理大臣と衆参両院議長が反対したのである。実に以て由々しきことである。

賛成した議員は、安住淳 岡田克也 鹿野道彦 川端達夫 玄葉光一郎 仙谷由人 樽床伸二 中野寛成 中山義活 羽田孜 鳩山由紀夫 平野博文 藤田幸久 渡辺周の各氏らである。

元自民党あるいは松下政経塾出身の議員にも反対した人がいたには驚いた。仙谷由人官房長官が賛成したのにも驚いた。民主党議員の中には、「天皇制反対」などと言っている部落解放同盟の幹部がいる。ともかく、民主党政権は危険である。

|

« 千駄木庵日乗六月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月十二日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48605914

この記事へのトラックバック一覧です: 国旗国歌法と菅新政権:

« 千駄木庵日乗六月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月十二日 »