« 共産支那の日本壊滅の野望と日本の核武装 | トップページ | 真の国民生活第一とは »

2010年6月29日 (火)

千駄木庵日乗六月二十八日

午前は、母のお世話。

午後は、諸雑務。

この後、奥歯一本が虫歯になり欠けてしまったので、歯医者さんに行く。抜歯することになる。私宅近くに新しく出来た歯医者さんに行ったのだが、そこのお医者さんは何と、小学校の同学年の女の子の子供さんだった。私もまともに結婚し、まともに子供が出来ていれば、このお医者さんくらいの年齢の子供がいるのだなあ、と思うと感慨無量なるものがあった。

この後、病院に赴き、父に付き添う。何時もよりやや遅く行ったので、父は熟睡していた。

帰途、日暮里駅前の蕎麦屋さんで地元の後輩と懇談。歯の治療中なので固いものを避け、蕎麦にした。驟雨の音を聞きながら、友と蕎麦を食しつつ語らった。

帰宅後は、原稿執筆の準備。日韓併合百年と東アジア共同体についての文献資料を読んでいる。

|

« 共産支那の日本壊滅の野望と日本の核武装 | トップページ | 真の国民生活第一とは »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48747130

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗六月二十八日:

« 共産支那の日本壊滅の野望と日本の核武装 | トップページ | 真の国民生活第一とは »