« 『楠公祭』に参列して思う | トップページ | 民主党政権の一日も早い瓦解を祈る »

2010年5月27日 (木)

千駄木庵日乗五月二十六日

午前は、母のお世話。

午後は、知人と懇談。縄文文化のことなどを語り合う。

夕刻も、知人と懇談。最近の諸情勢について意見交換。

夜は、資料の整理など。

         ○

今日は父の病院に行くことができなかった。出来得る限り毎日行くことにしているのだが、どうしても無理な日がある。私が来ることを心待ちにしていることが痛いほどよく分かるので、そういう日は、夜になると何とも気分が憂鬱になる。父と私にとって、一日一日が大切な日々である。

|

« 『楠公祭』に参列して思う | トップページ | 民主党政権の一日も早い瓦解を祈る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48467795

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月二十六日:

« 『楠公祭』に参列して思う | トップページ | 民主党政権の一日も早い瓦解を祈る »