« 千駄木庵日乗五月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十六日 »

2010年5月16日 (日)

支那の侵略策謀と歴史問題

共産支那の語る歴史にいかにウソが多いかは、毛沢東の葬儀の写真を見れば一目瞭然である。喪主として参列していた江青やその子分たちの姿が消されてしまっている。歴史の改ざんは共産支那のお家芸である。共産支那では歴史は政治の道具なのであり、外交の手段であり、さらに言えば自己正当化のためのでっち上げであり、プロパガンダである。支那大陸にはそういう歴史教育を受けた若者が陸続と育っているのである。わが国にとって大変な脅威である。また、中華帝国主義のアジアにおける覇権確立のためにアジアのみならず地球的規模で日本を悪者にしてその影響力を弱めるようとしているのだ。外交上・政治上の戦略としての反日であり歴史問題なのである。

支那に対して敵対感情を煽るべきではないとか、感情的なナショナリズムに結び付けて相互の反発を拡大さいさせるべきではない、冷静な対応をすべきだなどという意見がある。

しかし、国家的規模でわが國に対して敵対感情・感情的なナショナリズムを煽っているのは、共産支那である。

共産主義の有効性がすでに過去のものとなった今日、共産党一党独裁の「中華人民共和国体制」を存立させるには、反日イデオロギーを国民に吹き込むしか方法がないのである。わが國が「日中国交樹立」以来行ってきた莫大な対支那経済援助については自国民に一切教えない。わが国政府もまた、わが国国民に情報公開を行っていない。

共産支那政府は、南京問題や七三一部隊問題などの「歴史問題」を利用して、日本を悪者に仕立て上げ、自国民を被害者にして、国内に過激なナショナリズムと反日イデオロギーとを煽っている。

そして、領土領海の侵犯・沖縄尖閣諸島への侵略策謀などを展開している。日本に不法入国し、凶悪な犯罪を起している支那人たちの心理には、侵略国家日本・自分たちの祖先を苦しめた日本人たちに対する報復感情があるのではないか。わが日本および日本国民は共産支那にたいして毅然として姿勢で臨まねばならない。

|

« 千駄木庵日乗五月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48368857

この記事へのトラックバック一覧です: 支那の侵略策謀と歴史問題:

« 千駄木庵日乗五月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十六日 »