« 千駄木庵日乗五月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十九日 »

2010年5月29日 (土)

沖縄で反本土・反米闘争が起こる危険あり

鳩山由紀夫総理は、米軍普天間飛行場移設に関する政府の対処方針に反対した福島瑞穂消費者・少子化担当相を罷免した。

鳩山氏は、記者会見で、沖縄に基地を置くことの必要性というか、致し方ないことを色々説明していたが、選挙前からそういうことを言っていれば、こんな大混乱は起きなかった。また、「最低でも県外」などと耳触りの良いこと、沖縄県民に期待を持たせるようなことを言ったのが、今回の混乱の最大原因である。鳩山氏は、総理を辞任して責任を取るのが筋である。

福島罷免とか、社民党の政権離脱などはどうでもいい。今後、沖縄で大規模な基地反対闘争が起こることの方が問題である。左翼革命勢力・反日勢力が沖縄県民を扇動して「成田闘争」のような事態になる危険も否定できない。それは、単に基地反対にとどまらず、反米反本土闘争に発展しかねない。そういう意味でも民主党・鳩山内閣の責任は大きい。鳩山はまさにパンドラの箱を開けたのである。

小沢一郎はこの問題でこそ、「剛腕」とやらを発揮して、問題解決に動くべきだった。しかし全くそういうことはしなかった。何か思惑があるのだろう。普天間問題のドサクサにまぎれて、「郵政改革法案」を衆院総務委員会でたった一日の審議だけで野党の質問を打ち切って採決を強行した。まさに火事場泥棒である。郵政票を民主党に取り込むための選挙対策である。小沢には選挙対策即ち権力維持しか頭に無いのである。

|

« 千駄木庵日乗五月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48482905

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄で反本土・反米闘争が起こる危険あり:

« 千駄木庵日乗五月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十九日 »