« 祖国を危殆に瀕せしめる鳩山・小沢政権 | トップページ | 『日韓併合』について »

2010年5月25日 (火)

千駄木庵日乗五月二十四日

午前は、母のお世話。

昼は、知人と懇談。内外の諸情勢について意見交換。これまで何回かお会いしている元自衛官の方であるが、レンジャー部隊にいたことは今日まで全く知らなかった。空手の有段者であられることも今日初めて知った。「人は見かけによらぬもの」という言葉を想起した。

午後は、資料の整理。

この後、病院に赴き、父に付き添う。看護師さんより色々お話をうかがう。よくやっていただいているので感謝する。

父は『ズボンをはかせてくれ。家に帰る』と言う。何とも切ない。

帰宅後も資料の整理。原稿を書く予定にしている「東アジア共同体」及び「日韓併合百年」に関する資料を検索・整理している。

|

« 祖国を危殆に瀕せしめる鳩山・小沢政権 | トップページ | 『日韓併合』について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48451707

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月二十四日:

« 祖国を危殆に瀕せしめる鳩山・小沢政権 | トップページ | 『日韓併合』について »