« 千駄木庵日乗五月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十八日 »

2010年5月28日 (金)

平沢勝栄氏のパーティーで思ったこと

今日のパーティで平沢氏は、「民主党政権が『政治主導』と言うので、官僚が動くことができない。しかるに赤松農水相は、家畜伝染病・口蹄疫の感染が拡大しているのに九日間も海外に行っていた。危機管理がお粗末。鳩山首相は米軍普天間飛行場移設問題でずっと『県外か国外移転』と言って来たのに、いまさら辺野古周辺を移設先とするなどと言うのは受け入れられない。この混乱の責任は誰がとるのか。社民党は絶対反対なら内閣から出て行けばいい」という意味のこと穂話した。

「政治主導」というのは、官僚以上に優秀な政治家がそろっていて初めて成り立つことである。今の民主党に官僚より優秀な人がどれだけいるのか。官僚が反発して、情報を上げないばかりでなく、「政治主導なら政治家にやってもらおう」ということで、意識的に動かない可能性もある。民主党政権は今やそういう事態になっているのではないか。よく言われることだが、政治家がうまく官僚を使うこなすことが真の「政治主導」である。うまく使うこともできず、やたらに官僚を敵に回し、いじめているのでは、政治・行政がうまくいくはずがない。民主党政権の誤れる「政治主導」で被害を受けるのは国民生活である。「国民生活第一」のスローガンが全く逆になる。その良い例が「口蹄疫問題」だ。

上田清司埼玉県知事は祝辞で「国家観・歴史観という国家基本問題を軸にした政界再編が行われるべきだ」という意味のことを言っていた。全く同感である。

浅香光代氏は何故か祝辞の中で当たり役の『一本刀土俵入り』の台詞を言っていた。帰宅したら、相撲協会の二人の親方が処分されたニュースをやっていた。芸能界・相撲界とある方面との関係は、江戸時代以来である。この二人の親方だけに責任を負わせるというのは酷ではないのか。

|

« 千駄木庵日乗五月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48475255

この記事へのトラックバック一覧です: 平沢勝栄氏のパーティーで思ったこと:

« 千駄木庵日乗五月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十八日 »