« 千駄木庵日乗五月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十三日 »

2010年5月13日 (木)

日本伝統精神の本質と使命

大川周明氏は、「(日本精神・大和魂の最も著しい特徴は・注)綜合の精神、統一の精神、包容の精神であります。己を失はずして他を採り入れ、古きを失はずして新しきを採り入れ、すべての思想文化を具体的なる日本国民の生活の上に、それぞれの意義と価値とを発揮させてきた日本精神は、東洋の綜合的精神の生きた姿である」(『新東洋精神』)と論じてゐる。

今日の求められてゐる民族主義は、民族の伝統に回帰することによってその民族が幸福になるのみならず、世界の平和実件に寄与するといふ理想がなければならない。日本民族精神による世界平和確立への貢献が求められている。

日本建国の精神は世界平和の思想(八絋為宇・万邦共栄の精神)である。決して排他独善の精神ではない。大川氏が言われるように、包容の精神である。日本民族は、外来の諸文化・文明を包容し、包摂し、より高度なものとして来た。日本民族の包容性の中核に強靭なる日本傳統精神がある。

日本民族の中核精神たる日本国体精神は、覇権覇道闘争の精神ではなく、米作りといふ絶対に平和的な人間の生産活動よといふのが、日本天皇が神から授かった御使命である。我等日本人はこの精神を発展させて、いよいよ混迷を深める真の全世界の安定と繁栄の実現のために貢献すべきである。それが即ち「この漂へる國を修理固成(つくりかためな) せ」との御神勅を奉行することなのである。

日本伝統精神を世界に発展させて、混迷せる現代世界を救済する役目をわが日本は背負ってゐる。日本伝統信仰の精神が世界の國と民を永遠の平和と幸福に導く道である。日本人が古来抱いて来た自然の中に神の命を観るといふ信仰精神を回復しなければならない。

|

« 千駄木庵日乗五月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48345746

この記事へのトラックバック一覧です: 日本伝統精神の本質と使命:

« 千駄木庵日乗五月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十三日 »