« 千駄木庵日乗五月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十四日 »

2010年5月24日 (月)

祖国を危殆に瀕せしめる鳩山・小沢政権

米軍普天間飛行場の移設問題で、沖縄を再訪問した鳩山由紀夫首相は、仲井真弘多知事らとの会談で、公式に名護市辺野古キャンプ・シュワブ沿岸部への移設を求めた。昨年の総選挙における「最低でも県外」の公約を反古にしたばかりでなく、鳩山氏自身が作り上げた「世論」なるものに踊らされて、四苦八苦した上での結論がこれだ。

多くの沖縄県民の本音は「現行案支持」だったという。ところが鳩山首相の無責任発言で反米、反基地闘争グループが大義名分を得て活気づいた。そして偏向したメディアが「反基地」を扇動した。

そもそも鳩山は国民に「最低でも県外」などと耳触りの良いことを言ったことが、国家存立の基本である安全保障を危殆に陥れた原因である。今後、沖縄県において反基地闘争が大きく盛り上がるであろう。それは、反基地だけではなく、反米・反本土闘争になる危険もある。まことに危険な事態になって来た。その原因を作ったのは、鳩山政権である。

この問題について、小沢一郎が全く発言しないのは理解に苦しむ。党の幹事長なのだから、しっかりとした見解を示すべきである。

「井上順理先生・倉林和男先生を偲ぶ集い」で同席したある同志の方が、「昨日は、小沢の選挙区に行ってき糾弾の宣伝活動をしてきた。地元の人も我々の運動を支持してくれる人がいたが、取材に来たテレビ局に『絶対に顔を写さないでくれ』と言った。今時、これほどの恐怖政治が行われている所は無いのではないか。私は以前、小沢一郎を支持し、期待していた。彼の著書『日本改造計画』を読んで共感した。しかし、今の小沢一郎は、当時とは全く違ってしまった。特に韓国における発言は、韓国や民団に対するリップサービスなのか、それとも巷間言われているルーツについての噂が本当なのか分からないが、許し難い。」と語っていた。

私は、もう十数年前、小沢の評価についてこの同志の方と論争したことがある。かつての小沢ファンも今や反小沢の立場に立つ人がほとんどだ。当然である。

|

« 千駄木庵日乗五月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十四日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48443269

この記事へのトラックバック一覧です: 祖国を危殆に瀕せしめる鳩山・小沢政権:

« 千駄木庵日乗五月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十四日 »