« 千駄木庵日乗五月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十一日 »

2010年5月11日 (火)

谷亮子さんの民主党からの立候補に思う

谷亮子さんが夏の参議院選挙の比例区に民主党から立候補するという。「溺れる者は藁をもつかむ」という言葉を思い出した。数々の失策や公約違反そして政治と金の問題で支持率が低下し、鳩山・小沢の辞任を求める声が日増しに高くなっている民主党が、いわゆる「著名人」「有名人」「マスコミに売れている人」を候補者にすることによって、何とか危機を乗り越えようとしているのだ。みっともないの一語に尽きる。国政選挙は人気投票ではない。また政治とは選挙のためにあるのではない。国政の過ちをポピュリズムで乗り切ろうとする姿勢も全く間違っているし、国民を愚弄するものである。またそんなことに利用される谷亮子さんも気の毒だ。(本人はそういう自覚は全くなく議員になりたいのだろうが)

谷さんは、議員に当選しても、現役の柔道選手として次のオリンピックを目指すという。また、主婦でもあり、母親でもある。一人四役をこなそうというのである。とても無理なのではないか。プロ野球の現役選手や相撲の現役力士が国会議員になるのとあまり変わらない。政治とスポーツ両方を愚弄しているともいえる。

小沢氏は、記者会見で、「選挙に対するメディアの予測は外れる。また外れるように努力したい」という意味のことを言った。支持率の低下は予測ではない。現実である。鳩山・小沢両氏に対する批判も、現実なのだ。それが分からないというか、分かっていても、詭弁を弄する小沢という人物は全くおかしい。鉄面皮という言葉はこの人のためにある。

考えてみれば、亡国的政策を実行しつつある民主党政権をつぶすには、このまま鳩山氏が総理であり続け、小沢氏が幹事長であり続けた方が良いのかもしれない。

|

« 千駄木庵日乗五月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48328655

この記事へのトラックバック一覧です: 谷亮子さんの民主党からの立候補に思う:

« 千駄木庵日乗五月十日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十一日 »