« メールが使えません | トップページ | 共産支那における日本国民死刑執行について »

2010年4月 7日 (水)

千駄木庵日乗四月六日

午前は、母のお世話。

午後は、東叡山寛永寺参拝。桜花爛漫の谷中霊園散策。徳川慶喜・渋澤栄一・岸本辰雄(明治大学創立者)・阿部正弘(福山藩主。幕府老中首座。黒船来航への対処で苦労した)・横山大観・鳩山一郎・来島恒喜などのお墓を巡る。谷中霊園には、徳川慶喜や渋澤栄一といった体制側の大立者と共に、来島恒喜という烈士が眠っている。

また今日は、寛永寺の職員の方に、徳川御三卿の墓所に案内していただいた。「御三卿」とは、第八代将軍徳川吉宗が将軍の跡継ぎを出すためのいかとして創立させたもの。三家の当主は、公卿の位である従三位に昇り、省の長官()に任ぜられる例であったから「御三卿」と言った。幕府には、天皇の臣下としての自覚があったということである。

この後、病院に赴き父に付き添う。看護師さん・介護士さんがよくやってくれるので有難い。

帰宅後は、『政治文化情報』の原稿執筆。

|

« メールが使えません | トップページ | 共産支那における日本国民死刑執行について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48018878

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月六日:

« メールが使えません | トップページ | 共産支那における日本国民死刑執行について »