« 何故日本は支那・朝鮮に毅然とした態度がとれないのか | トップページ | 中華帝国主義の侵略から祖国を守ろう »

2010年4月16日 (金)

千駄木庵日乗四月十五日

午前は、医師の往診があり、母に付き添う。

午後一時半より、千早地域文化創造館にて、『萬葉會』開催。小生が大伴家持の歌を講義。

午後四時より、西荻窪にて、『伝統と革新』編集会議。創刊号の反省と第二号の企画について討議。

この後、同志と懇談。

帰宅後は、『政治文化情報』発送準備。

|

« 何故日本は支那・朝鮮に毅然とした態度がとれないのか | トップページ | 中華帝国主義の侵略から祖国を守ろう »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48097005

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月十五日:

« 何故日本は支那・朝鮮に毅然とした態度がとれないのか | トップページ | 中華帝国主義の侵略から祖国を守ろう »