« 千駄木庵日乗一月二十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月二十三日 »

2010年4月23日 (金)

小沢一郎の前原いじめについて

小沢一郎の「前原苛め」が始まった。自動車の運転ができない小生には、事の是非にはあまり興味がないし、よく分からない。しかし、小沢嫌いの私には、「前原苛め」としか思えない。前原氏は安保・国防論に関する限り、民主党内ではまあまともな政治家なのではないかと思う。戦前のオリンピックで、当時のNHKのアナウンサーが日本の女性水泳選手を応援して「前畑頑張れ」を絶叫したが、私は、今は、「前原頑張れ」と言いたい。

私は小沢一郎がまだ旧田中派の若手と言われた頃から、あまり好きではなかった。小沢が自民党を脱党した頃は、真正保守あるいは民族派の中にも、小沢一郎を評価する人がかなりいた。しかし私は、そういう人に批判されても、小沢一郎を批判し続けて来た。先見の明を誇るわけではないが、今日、小沢一郎という男がいかにひどい政治家であるかが明白になった。

それは、小沢が剛腕であるとか、独裁的であるとか、顔つきが悪いとかいうような問題ではなく、皇室観・歴史観・国家民族観という国の根幹にかかわる事柄において、全く許し難い主張と姿勢の持ち主であるからである。

今日唯今における政治改革とは、小沢一郎を政界から追放することである。

|

« 千駄木庵日乗一月二十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月二十三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48156995

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎の前原いじめについて:

« 千駄木庵日乗一月二十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月二十三日 »