« 千駄木庵日乗四月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月九日 »

2010年4月 9日 (金)

道義を守ることと法を守ること

今読んでいる鶴見俊輔著『アメリカ哲学』という本に「道徳言語は、『ある行為が良いか悪いか』を云々するが、法律用語は、『ある行為が罰せられるか。罰せられないか』について述べる。」と論じられている。

道徳を守るとは、良心を基準にして、ある行為をして良いか悪いかを考えることである。法律を守るとは、罰せられるか否かを基準にして、ある行為をして良いか悪いかを考えることである。すると、法治国家とは「法によって罰せられるのが怖い国家」ということになる。何ともぎすぎすした国である。

道徳的には悪事であっても、法律によって罰せられることがないという行為は数多くある。また、道徳的には良いことであっても、法律によって罰せられる行為がある。

國を亡ぼすようなことをする勢力や権力者に対する糾弾・直接行動は道徳的には正しいが、法律に違反することは絶対にしてはならないということであれば、してはならないということになる。

これは非常に難しい問題である。憲法学者の三潴信吾先生から、「法律を守ることが絶対的正義ではなく、正義を守るために法律を用いるのである。それが法治ということだ」と教えられた。

|

« 千駄木庵日乗四月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/48035401

この記事へのトラックバック一覧です: 道義を守ることと法を守ること:

« 千駄木庵日乗四月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月九日 »