« 日本人をアジアの寄生虫といった小沢一郎は本当に許しがたい | トップページ | 森繁久彌氏と旧ソ連の暴虐 »

2010年3月 3日 (水)

千駄木庵日乗三月二日

午前は、母のお世話。

昼は、食事を共にしながら知人と内外の諸情勢について意見交換。「ごはんや」という親子三人でやっているお店で、なかなかおいしい。御主人は、故古今亭志ん朝さんの友人。志ん朝さんは、私の小中学校の先輩でもある。明日が雛祭りなので、それらしい料理をいただく。

私の住んでいるマンションの隣の家のご主人に、紀元節の時に差し上げたお饅頭がおいしかったとお礼を言われた。そのお饅頭は、ある志ある会社経営者の方から、贈っていただいたものである。

午後は、書状執筆。

その後、病院に赴き、父に付き添う。意識がしっかりしていると、かえって苦しみを訴える。それを聞くのはとても辛い。ともかく出来得る限り毎日病院に行って、慰め、元気づけている。

帰宅後は、諸雑務。

|

« 日本人をアジアの寄生虫といった小沢一郎は本当に許しがたい | トップページ | 森繁久彌氏と旧ソ連の暴虐 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/47710600

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月二日:

« 日本人をアジアの寄生虫といった小沢一郎は本当に許しがたい | トップページ | 森繁久彌氏と旧ソ連の暴虐 »