« 千駄木庵日乗三月二十日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月二十一日 »

2010年3月21日 (日)

小沢一郎を政界から追放しなければならない三つの理由

小沢一郎が幹事長を辞任しないと、民主党の支持率はますます下がり続けるであろう。民主党亡国政権を崩壊せしめるにはその方がいいのかもしれない。しかし、小沢一郎はあまりにもひどすぎる。今まで国に害をなすと思われる色々な政治家を見てきたが、小沢一郎ほど悪い政治家はいなかった。まず第一に、彼の皇室に対する姿勢が全く許し難い。第二に、小沢が日本人であるかどうかを疑わしめるような国家観・歴史観を持っている。第三に、共産主義国家や集団と同じような独裁専制体質を持っている。

この三点が、小沢一郎を一日も早く政界から追放しなければならない理由である。この三つは、他の問題とは比較にならないくらい重大である。先日ある政治家と話した時、の「小沢一郎がこれほどひどいとは思わなかった」と私が言ったら、その政治家は「今こそ真正保守の政治勢力が結集する時である」と言った。そのためにも当面の最大の課題は、小沢一郎の打倒である。

|

« 千駄木庵日乗三月二十日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月二十一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/47864351

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎を政界から追放しなければならない三つの理由:

« 千駄木庵日乗三月二十日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月二十一日 »