« 小沢一郎・朝青龍・騎馬民族征服説 | トップページ | 民主党政権の一日も早い瓦解を願う »

2010年2月 5日 (金)

千駄木庵日乗二月四日

昨夜遅く停電となり。未明に復旧。電気が止まるとどういう事態になるかを体験した。蝋燭と懐中電灯は必需品である。(鞭とロープは要りません)現代人の便利な生活は電気によって成り立っていると言ってよい。したがって、電気が止まると生活そのものが出来なくなる。特に東京の場合は恐ろしい事態になるであろう。数日前の新幹線のストップを見ても分かるか、我々は極めてぜい弱な基盤の上で生活しているということである。

午前は、母のお世話。

午後は、諸雑務。

その後、病院に赴き、父に付き添う。発熱したので、苦しそうである。しかし、どうすることも出来ない。何とか苦しみがやわらぐように祈るのみ。

夕刻、今度創刊される雑誌の編集実務担当者の方と、打ち合わせ。

夜は、小生自身の原稿の校正など。

|

« 小沢一郎・朝青龍・騎馬民族征服説 | トップページ | 民主党政権の一日も早い瓦解を願う »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/47481032

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月四日:

« 小沢一郎・朝青龍・騎馬民族征服説 | トップページ | 民主党政権の一日も早い瓦解を願う »