« 千駄木庵日乗二月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月九日 »

2010年2月 9日 (火)

小沢一郎の開き直りを許すな

小沢一郎は今日の夜、鳩山総理から幹事長続投の了承を得たことを明らかにした。『俺は辞めねえぞ。いいだろう』『はい、結構です』という会話が交わされたかどうかは分からないが、これで民主党はますます国民の支持を失っていくであろう。そうなることを期待したい。

 

小沢一郎は記者会見で、「不起訴になったことで、不正なことはしていないと主張してきたことが明白になった。検察当局の強制捜査を受けて、事情を説明した。その結果が(不起訴という)結果だから、これ以上の説明はないのではないか」と語り、責任は果たしたとの認識を示した。

馬鹿も休み休み言え。密室で検察官にどんな説明をしようと、国民全体に説明責任を果たしたことにはならない。また、不起訴とはシロではない。きわめて怪しいが今のところ証拠が不十分だということにすぎない。「開き直るその態度が気に入らないのよ」という歌の文句の通りの発言である。

自民党もメディアも、何故、小沢一郎の不敬発言、騎馬民族征服説を糾弾しないのか。また、沖縄における土地取引問題をもっともっと糾弾しないのか。国防・安保という国家存立の基本まで金もうけに利用する小沢は、まさに国賊である。また、

これほどまでに小沢一郎を糾弾し続ける小生に対して、民主党所属の政治家二人から激励の意志表示があった。有難い。

|

« 千駄木庵日乗二月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/47518616

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎の開き直りを許すな:

« 千駄木庵日乗二月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月九日 »