« 孔孟の教えと現実の支那 | トップページ | 日本的ナショナリズムとは »

2010年2月24日 (水)

千駄木庵日乗二月二十三日

午前は、母のお世話。

午後は、病院に赴き、父に付き添う。微熱がある。病院内の工事をしていて、騒音がすごい。そういうところに患者を平気で寝かしている病院の神経を疑う。

午後四時より、西荻窪のたちばな出版にて、雑誌『傳統と革新』創刊号の普及及び第二号の企画について討議。

帰宅後は、資料の整理及び明日のスピーチの準備。

|

« 孔孟の教えと現実の支那 | トップページ | 日本的ナショナリズムとは »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/47648318

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月二十三日:

« 孔孟の教えと現実の支那 | トップページ | 日本的ナショナリズムとは »