« 千駄木庵日乗一月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十七日 »

2010年1月17日 (日)

小沢一郎の対検察徹底抗戦表明に思う

小沢一郎は、検察当局に対して、徹底抗戦を宣言し、民主党幹事長の職を続けることを表明した。民主党森裕子参院議員は「これは検察をトップとする官僚機構と、国民の代表である民主党政権との全面的な戦争だ」などと息巻いていた。

さらに、鳩山総理は、「小沢幹事長を信じています。どうぞ戦ってください」と言った。

小沢氏は、「宮内庁は、内閣の一部局」と言った。検察庁も内閣の一部局である。内閣の一部局と、政権政党が全面戦争を展開するというのだ。そして、内閣の最高責任者がそれを奨励しているのだ。これは政治権力による司法への不当不法なる介入である。断じて許されざることだ。いかなる立場に立つ者であろうとも、法と証拠に基づく検察の処断に対しては、裁判で決着をつけるべきである。

また、鳩山の「戦ってください」という発言は、行政機関のトップが行政機関に属する検察の誤りを認めたということだ。これも重大なる発言で、指揮権発動を法務大臣に命令することもあり得るということだ。

党大会で小沢一郎は、「わが党の、この党大会の日に合わせたかのように、このような逮捕が行われている。私はとうていこのようなやり方を容認することできませんし、これがまかり通るならば、日本の民主主義は本当に暗たんたるものに将来はなってしまう。」と述べた。

日本の議会制民主主義を暗澹たるものにしているのは、民主党内の自由な論議を圧殺している小沢一郎である。小沢一郎は、日本をおかしくする元凶である。基本的に、小沢の國體観・歴史観がおかしいのである。これが根本である。

天皇・皇室を貶め、天皇陛下を自己の政治権力の下に置き奉ろうとする逆徒・小沢一郎が、政治の舞台から退場することを切に望む。

|

« 千駄木庵日乗一月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/47313835

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎の対検察徹底抗戦表明に思う:

« 千駄木庵日乗一月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十七日 »