« 千駄木庵日乗一月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十八日 »

2010年1月18日 (月)

小沢一郎は百年に一度出るかでないかの逆賊政治家

昨年、一連のスキャンダルで小沢一郎が民主党代表を辞任した日に、鳩山由紀夫氏は小沢のことを「百年に一度出るかでないかの政治家。大きな器の人」と評価した。

私は、「小沢一郎は百年に一度出るかでないかの逆賊政治家」だと思っている。検察の捜査に対して、『議会制民主主義がどうしたこうした』と言って開き直る態度を見てそう思ったというよりも、皇室・歴史問題などに関する彼の考え方・姿勢を見てそう思うのである。

今までも、売国政治家・国賊と批難された政治家が何人かいる。しかし、小沢一郎ほど悪質な国賊政治家は、まさに百年に一度出るかでないかである。

「天皇陛下に対し奉る露骨なる政治利用の正当化」「天皇陛下の直属の臣であり認証官である宮内庁長官への口汚い恫喝と罵倒」「韓国において騎馬民族征服説を吹聴するという売国行為」「天皇御陵の発掘容認発言」などは、断じて許し難い。少なくとも、明治以後の政治家、とりわけ政権与党の権力者でこれほど皇室を蔑ろにした人はいなかった。

小沢一郎への検察の捜査について、今日の『サンデープロジェクト』で左翼崩れの評論家太田昭宏・高野孟が猛然と検察批判をしていた。しかし、検察の小沢捜査がどういう意味を持つかとか、正しいか正しくないかということよりも、小沢一郎の国家観・皇室観・歴史観が問題なのである。太田や高野などの左翼は、小沢の逆賊的姿勢を評価するから、小沢をかばうのである。

|

« 千駄木庵日乗一月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/47324056

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎は百年に一度出るかでないかの逆賊政治家:

« 千駄木庵日乗一月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十八日 »