« 千駄木庵日乗一月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月六日 »

2010年1月 6日 (水)

藤井氏辞任と小沢捜査に思う

藤井裕久財務相が体調不良を理由に辞任するという。小沢一郎の資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐる収支報告書虚偽記載問題で、東京地検特捜部は、小沢に対し、任意で事情聴取に応じるよう、近く要請する方針を固めたという。

民主党政権も大変な事態になって来た。

藤井氏の辞任は、健康問題だけではなく、小沢一郎への不満というか反発、そして小沢の藤井氏いじめから、藤井氏を守りきれない鳩山氏への不満があるとされる。

藤井氏には、二回ほど会合で会ったことがあるが、実直な人柄で好感のもてる人であった。何故小沢の側近なのか、不思議であった。

小沢は、自民党脱党の時からの同志・藤井裕久氏、そして、渡部恒三氏をもっと大切にすべきだったのに、小沢の気に入らないことを少し言っただけで、排除してしまう。これが小沢という人の大欠点である。

検察の捜査に対して、「国策捜査」との批判があるが、今度の鳩山氏や小沢への検察の追及も「国策捜査」なのか。ではその「国策」とは誰が立てたのか。国家の最高権力者二人に対して、捜査を行うということが「国策捜査」であるのなら、鳩山・小沢の二人は、自分を捜査する「国策」を立てたということになる。

今回のことは、鳩山・小沢両名の検察批判に対する検察の回答であろう。

|

« 千駄木庵日乗一月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/47217050

この記事へのトラックバック一覧です: 藤井氏辞任と小沢捜査に思う:

« 千駄木庵日乗一月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月六日 »