« 小沢一郎の政治生命を断つことは最高の正義である | トップページ | 『義人はいない。一人もいない』 »

2010年1月23日 (土)

千駄木庵日乗一月二十二日

午前は、母のお世話。

午後は、原稿執筆。

その後、病院に赴き、父に付き添う。ここ数日意識がはっきりしなかったのですが、今日は、目を開けて私が来たことを喜んでくれました。本当に嬉しく思いました。

帰宅後も、原稿執筆。ここ数日間に書きあげなければならない原稿が三本あり、大変です。

また、工事のためエレベーターが動かないので、最低一日二回は、九階から一階まで階段で上がり降りをしています。また、父母の部屋に行くのにも会談を上がり降りしています。足腰が丈夫になると喜び、いくらかダイエットにもなるかと期待しています。反面、酔って帰って来た時の苦難は尋常ではありません。

|

« 小沢一郎の政治生命を断つことは最高の正義である | トップページ | 『義人はいない。一人もいない』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/47365079

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗一月二十二日:

« 小沢一郎の政治生命を断つことは最高の正義である | トップページ | 『義人はいない。一人もいない』 »