« 千駄木庵日乗一月十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十四日 »

2010年1月14日 (木)

小沢一郎への強制捜査について

愈々検察が強制捜査に乗り出した。政治資金問題や政財官の癒着構造で、あれほど自民党を責め立てていた民主党内から、小沢批判の声が全くと言って良いほどあがらないのは一体どうしたことか。それが不思議である。それほど小沢が怖いのか。情けない話である。前原氏が「検察の意向の尊重する」と言ったのみである。

小沢一郎は、名古屋で開かれたパーティーで『法に触れることをした覚えはない。そのことは、国民は理解してくれた。だからこそ政権をわれわれに与えてくれたのではないか』と語った。

まさに詭弁である。先の総選挙は、自民党への反発・反自民の風が強く吹いて民主党が大勝したのである。小沢一郎一人の力で勝ったのではない。民主党の候補者たち一人一人の努力もあった。また総選挙は小沢一郎に対する信任投票ではない。むしろ国民の大多数は、今度のことが無くとも、小沢一郎が嫌いなのである。

民主党が選挙に勝ったことによって、小沢一郎とその周辺の違法行為が帳消しになるはずもない。法と証拠に基づいて厳しく摘発され裁かれる。選挙と違法行為の捜査・摘発とは全く無関係である。小沢一郎は、「選挙に勝てば何でもできる」と思っているようだが、全く間違っているし、まことに危険な考え方である。

皇室を侮蔑し、祖国の歴史を貶める政治家は、まさに遵法精神もなく、道義心もないのである。民主党内の自浄作用と、野党の小沢追及に期待したい。

|

« 千駄木庵日乗一月十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十四日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/47289121

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎への強制捜査について:

« 千駄木庵日乗一月十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十四日 »