« 千駄木庵日乗一月二十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月二十三日 »

2010年1月23日 (土)

『義人はいない。一人もいない』

『新約聖書』の「ローマ人への手紙」に「義人はいない。一人もいない」にという言葉がある。「この世に億万の人間がいたとしても、神の御目にかなう正しい人は一人もいない」という意味だそうである。私は、中学時代に聖書を読んでから、妙にこの言葉が気になっていた。

「義人」を「天皇陛下への忠義の人」ということにすると、まさに今の民主党には、「義人はいない。一人もいない」ということだ。憲法違反の『天皇陛下の政治利用』を行ったばかりでなく、天皇陛下を侮辱し奉り、自己の権力の下に置き奉ろうとしている小沢一郎という逆賊政治家を批判する人が、民主党内に全くいないからである。中井国家公安委員長島昭防衛政務渡辺総務政務松原衆院議員は、真正保守の立場だと言われているが、彼らも全く小沢の悪逆非道を批判しない。困ったことである。

鳩山首相は、『在日宇宙人』と言われている。民主党は、在日宇宙人に参政権を持たせるどころか、党代表・総理大臣に選んだのだから、在日外国人に参政権を付与するのは当然ということか。

冗談はともかく、国民新党の亀井静香代表が予算委員会で、『在日外国人への参政権付与』に反対の姿勢を明確にしたのは大変結構である。民主党の渡辺氏は、今日のテレ番組で賛成の意思表示をしていた。

BSフジの討論番組で佐々淳行氏は、「政治家の汚職摘発は、警察には出来ない。つぶされる。総理秘書官経験者が警察庁長官・警視総監になると、政治家の側につく。警備・公安畑の人が長官・総監になると、検察の側につく。小沢一郎が、政党交付金をため込んで、土地を購入したり、別のことに使ったとしたら、背任横領だ」と言っていた。実際に警察官僚として活躍していた人の発言なので、重みがある。

|

« 千駄木庵日乗一月二十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月二十三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/47365257

この記事へのトラックバック一覧です: 『義人はいない。一人もいない』:

« 千駄木庵日乗一月二十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月二十三日 »