« 千駄木庵日乗十二月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十五日 »

2009年12月15日 (火)

逆賊・小沢一郎を日本から追放せよ!

小沢一郎には、天皇陛下に対する尊崇の念がカケラもない

天皇陛下の「外国要人引見」は、陛下のご体調へのご負担と相手国への公平性の観点から、一カ月前までに文書で申請する取り決めがある。これについて小沢一郎は、「法律で決まっているわけでもなんでもないでしょ、そんなもの。」「憲法に。国事行為は、内閣の助言と承認で行われるんだよ。天皇陛下の行為は、国民が選んだ内閣の助言と承認で行われるんだよ、すべて。それが日本国憲法の理念であり、本旨なんだ。だから、何とかという宮内庁の役人がどうだこうだ言ったそうだけれども、全く日本国憲法、民主主義というものを理解していない人間の発言としか思えない。…内閣の一部局じゃないですか、政府の。一部局の一役人が内閣の方針、内閣の決定したことについて会見して、方針をどうだこうだと言うのは、日本国憲法の精神、理念を理解していない。」「天皇陛下のお体がすぐれないと、体調がすぐれないというのならば、それよりも優位性の低い行事を、お休みになればいいことじゃないですか。」という暴言を吐いた。

小沢一郎には、天皇陛下に対する尊崇の念、ご体調をご案じ申し上げるという心がカケラもないことが分かった。そもそも『現行占領憲法』は、日本弱体化を意図した戦勝国によって無理やり押し付けられたものであり、天皇を神聖なる君主と仰ぐ日本國體を隠蔽している偽憲法である。このような憲法を盾に取って、自己の政治的思惑による「天皇の政治利用」を正当化することは断じて許さない。小沢一郎は国賊中の国賊である。

小沢一郎は現代の蘇我入鹿であり足利高氏である

小沢一郎は、「天皇陛下の国事行為、行動は、国民の代表である内閣、政府の助言と承認で行うことなんですよ。それじゃ、国事行為は全部、政治利用になっちゃうじゃない」と言った。

つまり、小沢は、「天皇陛下は、小沢一郎が絶対権力者である政府の言いなりになれ」と言っているのだ。天皇は、「国民統合の象徴であり、その地位は主権に存する日本国民の総意に基づく」のだから、天皇もそして皇族も、国民に選ばれた政治家の言いなりになって当然であり、利用するだけ利用しようという悪逆不逞の考え方である。これまでも、天皇・皇室に対し奉り、尊崇の念・かしこみの心が希薄な政治家がいたが、小沢ほどひどい人はいなかった。小沢一郎は、現代の蘇我入鹿であり、足利高氏であり、徳川家康である。天皇陛下の側近たる宮内庁長官が政治権力者の思惑や恣意によって動かされるようでは、皇室を政治権力からお護りする事は出来ない。逆賊政治家は一刻も早く日本国から追放しなければならない。

|

« 千駄木庵日乗十二月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/47025570

この記事へのトラックバック一覧です: 逆賊・小沢一郎を日本から追放せよ!:

« 千駄木庵日乗十二月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十五日 »