« 千駄木庵日乗十二月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十三日 »

2009年12月14日 (月)

小沢鳩山平野民主党政権は逆賊政権である

民主党政権が、天皇陛下に対し奉り、共産支那の習近平国家副主席との謁見を強要し奉った。何とも許し難い行為である。何故、日本国の君主であらせられ、国家元首であらせられる日本天皇に対し奉り、これまでの慣例を破ってまで「国家副主席」を引見していただかねばならないのか。天皇陛下が引見されるのは、国家元首が原則であるべきである。しかも習近平は、ウルムチにおけるウイグル人虐殺の責任者である。

今回の不祥事は、民主党の小沢一郎幹事長が鳩山総理に謁見の実現を働きかけ、鳩山総理が平野博文官房長官にを実現させるよう指示し、平野が宮内庁に強要したと伝えられる。報道によれば、民主党の小沢幹事長が、「天皇陛下の習近平謁見」を、少なくとも二つ以上のルートで政府側に実現を働きかけていたという。

 天皇陛下の外国要人謁見は、陛下のご体調へのご負担と相手国への公平性の観点から、一カ月前までに文書で申請する取り決めがある。ところが、共産支那政府は、習近平が十二月十四日に来日するに当たり、申請期限である一か月前を切った十一月下旬に、「天皇陛下との御会見」を要請してきたという。

わが國外務省は、天皇陛下の謁見を断ったが、支那側がしつこく「御会見」を求めてきた。強引に天皇陛下の「御会見」を要求する支那政府の態度は、傲慢不遜以外の何物でもない。習近平は、胡錦濤の後継者とされているが、まだその地位が完全に固まったわけではない。そこで、外交の表舞台で箔をつけるために、「天皇陛下との会見」を利用しようとしているのだ。一党独裁国家・共産支那の支配者の権力確立のために、天皇陛下を利用しようなどというのは不埒千万である。このような支那の理不尽な要求を受け入れ、これを実現させようとしている小鳩民主党政権はまさに売国政権である。

 宮内庁の羽毛田信吾長官は、十二月十一日の記者会見で「残念なことをせざるを得なくなった。単なる事務ルールのことではない。陛下の役割は国の外交とは違う。国と国の間に政治的懸案があれば陛下を打開策に、となれば憲法上の陛下のなさりようが大きく狂うことになる」「(天皇の政治利用につながる懸念について質問に対して)大きく言えばそうでしょう。その意見に対して『何を言てるんだ』とは言いにくいし、つらい。苦渋の思いだ。陛下の国際親善は政治的な重要性や判断を超えたところにある。天皇陛下の役割について非常に懸念することになるのではないか。政治的判断としてお願いするのはどうなのか」「再度、官房長官から、総理の指示を受けての要請という前提でお話がありました。そうなると、宮内庁も内閣の一翼をしめる政府機関である以上、総理の補佐役である官房長官の指示には従うべき立場。大変異例なことではありますが陛下にお願いした。が、こういったことは二度とあってほしくないというのが私の切なる願いです。」と語った。

羽毛田長官は、天皇・皇族をお護りする立場で、このような発言を行ったのである。高く評価すべきである。

この問題の根本には、戦後の占領軍による日本弱体化政策によって、宮内庁の権威と権限が低下せしめられたところにある。

天皇陛下の側近たる宮内庁長官が政治権力者の思惑や恣意によって動かされるようでは、皇室を政治権力からお護りする事は出来ない。

戦前は、総理経験者などの「元老」「重臣」が輔弼の臣として天皇をお助けし、宮内大臣、内大臣もいた。これらの人々は総理と同格あるいはそれ以上の人々で、政治家に顎で使われるなどということはなかった。だからこそ、皇室の藩屏の役目を果たすことができたのである。

戦後は、占領軍に日本弱体化政策によって、元老、重臣、宮内大臣、内大臣、宮中顧問官などは廃止され、六千人以上の職員がいた宮内省も宮内庁に格下げとなり、職員も千人程度に減じられた。

戦後体制からの脱却は、憲法・教育・国防のみならず、皇室制度においてこそ実現されなければならない。宮内庁の省への昇格と、機能と権限の強化が望まれる。

 

|

« 千駄木庵日乗十二月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/47017212

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢鳩山平野民主党政権は逆賊政権である:

» 小沢一郎、韓国で売国公演 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「支那要人特例会見問題は、メディアの怠慢」について  YouTubeの配信で、全5巻、全編を見ると1時間を越えるんだが、まえの3篇だけでも見てみる値打ちはある。 http://www.youtube.com/watch?v=xOhxYH9Uyuc... [続きを読む]

受信: 2009年12月21日 (月) 10時29分

« 千駄木庵日乗十二月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十三日 »